会計ソフトの会社リリースの給与ソフトでは、弥生給与と給料王が有名です。インストール型の給与ソフトなら、どっちかを入れておけば無難です。

どちらかを導入しようか迷っている会社や個人事業主のために、判断の決め手となりそうなポイントをお伝えします。

いろんな違いはありますが、特に重要な3点だけ確認すればいいでしょう。

弥生給与と給料王、比較すべき3つのポイント

個人事業主や小さな会社だと、弥生給与か給料王を比較するときに、仕事の現場をイメージしてみるといいです。

導入費用、維持費【重要ポイント1】

弥生給与も給料王も有料ソフトです。一度導入したら、何年も更新しながら使い続けるので、初期コストと維持費は大事です。

弥生給与

弥生給与は定価は税込78,300円です。弥生の公式ショップや家電量販店やネット通販で購入できます。

ネット通販など、安く買えるショップなら6万円くらい

あんしん保守サポートに加入することで、弥生給与も最新バージョンに安く更新することができます。

サポートが一切付かないセルフプランなら、年間37,800円で新バージョンを使えます。月3000円ちょっとの維持費です。

給料王

給料王の導入は、ソリマチオンラインからの購入、家電量販店やネット通販のどちらかです。

定価は4万円+消費税ですが、ネットで買えば結構安く、2.5万円くらいで買えることもあります。

2万円+消費税でバージョンアップできるキャンペーンもよくやっているので、年間2万ちょっとの維持費だと思っていていいです。

もし、タイミングが悪くキャンペーンを逃しても、2.5万円くらいで最新版を買えばいいですし。

比較

両ソフトを比較すると、価格面では導入も維持もソリマチの給料王が安いです。

機能で圧倒的な差はありませんので、コスト重視なら給料王がいいでしょう。

  • 給与明細のweb公開
  • 給与支払報告書の電子提出
  • 法定調書合計表の電子申告
  • 月額変更届や算定基礎届の作成
  • 実際に、給料王を使ってみると、年間2万円ちょっとなのに、ずいぶん便利な機能が詰まっていると感じました。

    工夫すれば、オンラインで給与明細を渡すこともできますので!

    個人的には、管理ソフトにコストをかけるべきではないと思っています。

    比較して決めたいところですが、弥生給与よりも安い給料王をオススメします。

    社会保険の加入手続き【重要ポイント2】

    小さな会社だと、社会保険の手続きを自社で行うケースも多いです。

    例えば、従業員さんを新しく採用したときに、保険証をもらうために、健康保険に加入する手続きを行います。

    ここで、弥生給与と給料王に差があります。

    給料王の場合、健康保険の取得届を簡単に作ることができます。

    住所など、きっちり入力することで、ただ印刷すれば完成する状態です。

    弥生給与にはこの機能がないため、手書きやエクセルなどで作成する必要があります。

    社会保険に加入するアルバイトやパートの入れ替わりが多いときなど、給料王のほうが弥生給与より役に立ちますね。

    • 社保加入のアルバイトやパートが少ない
    • 従業員がほとんど入れ替わらない
    • 手書きでも苦じゃない
    • 社会保険の手続きは労務士に依頼する

    上の条件を満たすなら、弥生給与を使っても不便じゃないです。

    コストも合わせると、機能が広めな給料王のほうが一歩リードしている印象はありますが。

    タイムカードとの相性【重要ポイント3】

    タイムカードを使って勤務時間を集計しているとき、給与ソフトとデータ連動するほうが計算ミスが少ないです。


    引用:ミモザのソリマチショップ

    弥生給与と給料王で、対応しているタイムレコーダーや勤怠管理ソフトが違います。まとめているサイトで確認してみてください。

    すでに導入しているシステムに合わせて、給与ソフトを選ぶほうが楽です。

    ソフトとの連携は比較しなくていい?

    給与ソフトと会計ソフトが同じ会社だと、自動で仕訳が作成されたり、うまく連携することができます。

    ただ、給与ソフトも会計ソフトも基本は別々に使うものなので、連携の重要性は低いです。

    比較の材料としては、おまけでしょう。

    弥生給与と給料王の比較、まとめ

    会計ソフトでも有名な弥生とソリマチ。給与ソフトでも、弥生給与か給料王を比較して、どちらかを導入する会社や個人事業主が多いです。

    比較すべきポイントを「費用」「社会保険」「タイムカード」に絞ると、どちらを導入すべきか見えてくるでしょう。