MFクラウド給与明細は、給与明細をオンラインで確認できるソフトです。無料で使えるので、給与明細の封入や印刷や郵送のコストを削減できます。

そんなMFクラウド給与明細の使い方を紹介します。

MFクラウド給与明細を使ってオンライン給与明細を公開する流れ

MFクラウド給与明細で、給与明細をオンラインで公開する流れを確認してみましょう。初期設定さえクリアすれば、毎月同じことの繰り返しです。

オンライン給与明細はこんな感じ

最初に、スマホやパソコンで給与明細を見たときのイメージを確認しましょう。

今回は、MFクラウド給与明細の場合の例を紹介します。

従業員さんはスマホやパソコンで給与明細をチェックし、必要に応じて印刷して紙で保存しておくこともできます。

総務の担当者は、給与明細を印刷して渡す必要がないので、封入の手間がなくなります。

メールアドレスの登録

MFクラウド給与明細を使って、オンラインで給与明細を公開するには、従業員さん全員のメールアドレスが必要です。

メールアドレスを「従業員情報」の「追加」から登録していきます。

次に招待ボタンを押し、メールアドレスを入力すると、従業員さんに確認のメールが届きます。

従業員さんがパスワードを設定し、登録完了です。

ちなみに、マネーフォワードのアプリをスマホに入れている従業員さんの場合、エラーが出やすいです。

すでに、マネーフォワードにメールアドレスを登録しているので、重複でエラーとなるためです。

給与明細データの作成

次に、給与明細のデータを作成します。

MFクラウド給与を使っているなら連携させるだけですが、別の会計ソフトを使っているときは、MFクラウド給与明細に合った形式にデータを整えます。

具体的には、MFクラウド給与明細の「基本設定→明細設定」と合わせます。

例えば、上の明細にするときは、次のような設定が必要です。

  • 社員番号
  • 苗字
  • 名前
  • 出勤時間
  • 基本給
  • 職能給
  • 各種手当
  • 支給合計
  • 健康保険
  • 介護保険
  • 厚生年金
  • 雇用保険
  • 所得税
  • 住民税
  • その他控除
  • 控除合計
  • 差引支給額
  • 差引支給合計
  • 振込支給額

給与計算ソフトからCSVで出力し、そのCSVを加工する必要があります。

算式を入れたエクセルテンプレートを作っておき、そこにデータをコピペすれば明細サイトの形式に直るように設定すればOKです。

別の記事でまとめようと思います。

オンラインにアップ

給与明細のデータが作成できたら、管理者がオンラインにアップロードします。

公開日などを間違えないように指定し、アップしたら画面でもミスがないかチェックしましょう。

公開日になったら、給与明細を従業員さんが見られるようになります。

MFクラウド給与明細の使い方、まとめ

オンライン給与明細システムで、ずっと無料で使えるMFクラウド給与明細は貴重な存在です。

導入コストゼロで、封入の手間や郵送コストを削ることができるので、ノーリスクハイリターンです。