電車に乗るときに、改札でオートチャージされる設定の人も多いです。残高が足りなくなったらカードでオートチャージはすごく便利ですよね。

オートチャージの仕訳の例を紹介します。原則的な方法で仕訳してもいいですが、どうせなら残高管理がしやすい方法を採用するといいでしょう。

オートチャージの仕訳、定番とアレンジ

オートチャージがあった場合の仕訳を確認します。一般的によく使われる原則の仕訳、ちょっとアレンジした本サイトオリジナル仕訳の2つを紹介します。

オートチャージに関係する取引

仕訳を確認する前に、オートチャージに関する取引を確認しましょう。

オートチャージが実行されたとき

例えばSuicaなら、改札を通過するときに残高が1000円未満だったときにオートチャージされる設定にしている人が多いです。

チャージの時点で「旅費交通費」と処理するのが一番簡単です。でも、全額を仕事の交通費に使っていないときは、やめたほうがいいです。

もし、オートチャージした電子マネーでプライベートなものを買っていたら、税務署に指摘されたら税金と罰金を払うハメになります。

チャージ代金をカードで払う

手動で手続きをするわけではありませんが、オートチャージが行われると、その代金がクレジットカードで決算します。

カード代金が引き落としされる

オートチャージの代金は、クレジットカード代金として、毎月1度支払います。

原則的な仕訳

一般的に、オートチャージとSuica利用は次のように仕訳を作成します。

オートチャージのとき

電子マネーの勘定科目は「電子マネー」「Suica」、クレジットカードの勘定科目は「未払金」「アメックス」などを使えばOKです。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額
電子マネー 5,000円 未払金 5,000円
借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額
Suica 5,000円 アメックス 5,000円

クレジットカードの名前が勘定科目になるのがイヤなら、未払金を使えばいいです。

でも、未払金は、カード代金以外も使うので、補助科目を設定しないと、残高管理が大変です。

個人的には補助科目を使うのは残高管理の面でオススメしません。

カード代金の引き落とし

オートチャージするクレジットカードが引き落とされたときは次のように仕訳を作ります。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額
アメックス 5,000円 普通預金 5,000円
借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額
未払金(補助科目はカード名) 5,000円 普通預金 5,000円

正しく入力できているかチェックが難しい欠点アリ

上の方法は、定番ですが、残高チェックが面倒です。

具体的には「未払金」や「カード名(例、アメックス」の管理です。

例えば、アメックスでは20日締め翌月10日引き落としという支払いタイプがあります。そのとき、未払金(アメックス)の元帳はこんな感じです。

日付 内容 借方金額 貸方金額 残高
前月繰越 35,214
4/1 BCネット 4,021 39,234
4/5 オートチャージ 5,000 44,235
4/7 電気代 6,597 50,832
4/10 カード引落 22,668 28,164
4/15 amazon 4,689 32,853

注目したいのが、カード代金が引き落とされた後の残高です。

引き落とされるカード代金は、前月20日までのもの。その後21日から9日までのカード利用があるので、引き落とし後に残高はゼロになりません。

経理担当の方だと、「本当に取引がもれなく入力できているかな?」って心配になりません?

次で説明するオートチャージの仕訳なら、残高管理が一気に楽になります。

本サイトの推奨仕訳

上記の心配を解消すべく、本サイトでは、次のように仕訳をすることを推奨しています。勘定科目を一つ増やすのがポイントです。

オートチャージのとき

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額
Suica 5,000円 Suicaチャージ 5,000円

Suicaチャージという科目を増やしました。これが後で効いてくるんです。

クレジットカード側の処理

Suicaチャージがあったのは4/5ですが、あえてカードの締め日を仕訳の日付とします。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額
Suicaチャージ 5,000円 アメックス 5,000円

ちなみに、オートチャージ以外もカードの締め日が同じものは全部カードの締め日で仕訳を作成します。

例えば、「4/1 ABネット 4021円」は次のとおりです。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額
通信費 4,021円 アメックス 4,021円

摘要に「180401 ABネット」と入れておくと、分かりやすいですね。

このへんの工夫は、こちらにも詳しく書いてあります。

引き落としは原則の仕訳と同じ

この仕訳は原則と変わりありません。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額
アメックス 5,000円 普通預金 5,000円

カードの引き落とし後の残高がゼロになる

Suicaチャージという勘定科目を追加、カード払いは全部締め日で仕訳を作りました。

こうすると、元帳がスッキリします。

日付 内容 借方金額 貸方金額 残高
前月繰越 22,668
4/10 カード引落 22,668 0
4/20 180325 楽天 10,800 10,800
4/20 180329 amazon 1,746 12,546
4/20 180401 ABネット 4,021 16,567
4/20 180405 オートチャージ 5,000 21,567
4/20 180407 電気代 6,597 28,164
4/20 180415 amazon 4,689 32,853

毎月20日に残高が増え、引き落としの10日にゼロになります。この繰り返しです。

もし、入力ミスがあれば、引き落とし後の残高はゼロになりません。

残高ゼロじゃないなら、間違いがある。これが一瞬で分かります!

カード代金はCSVデータのダウンロードして会計ソフトにインポートできます。

一度テンプレートを作れば、インポートから残高チェックまでのスピードが格段にアップします。

残業時間を減らして、早く家に帰りましょう(笑)。

オートチャージの仕訳

オートチャージで電子マネーにチャージしているときの仕訳を説明しました。仕訳の作り方はいろいろありますが、工夫して作業の手間が減るようにしたいですね。

勘定科目を増やすと面倒になりそうなイメージがありますが、逆に残高管理が楽になることもあります。

ご質問やご相談はこちらのフォームからお願いします。
無料なので、気軽にお声がけくださいね。

>>コンセプト&コンタクトページはこちらです。