法人のオススメの銀行口座を紹介します。オススメといっても何を重視するかで変わってきます。このサイトのテーマである経理を楽にする目線、銀行口座の維持コスト、この2点から考えていきたいと思います。

法人のオススメ銀行口座。経理が楽にするならオンラインバンキングは必須

今や、法人の収入も支出もほとんどが預金取引。経理を楽にしたいなら、会計ソフトへの銀行預金口座の取り込みが一番に取り組むべきことです。

会計ソフトに預金口座の明細を取り込むには、オンラインバンキングの契約が必要です。そのため、このサイトがオススメする銀行口座はオンラインバンキングが使える口座となります。

最近だと、オンラインバンキングを契約できない口座自体はだいぶ減ってきました。

法人のオススメ銀行口座。コストで差がつく

オンラインバンキングが契約できるなら、どこでも法人のオススメの銀行口座といえます。しかし、銀行によって、オンラインバンキングの初期費用や月額維持費用がまちまちです。

経理を楽にするために、費用を投じることは悪いとは思いませんが、コストは小さいほうがいいことは間違いありません。

オンラインバンキングの使い勝手は大して変わらないので、家族経営や零細企業はコストだけで口座を選んでもいいと思います。

メガバンクや地銀信金の手数料相場は月額2000円

メガバンクや地銀信金などでオンラインバンキングを使うとなると、だいたい2000円程度の手数料が毎月かかります。

オンラインバンキングへのログインまでは無料でも、預金履歴をCSVデータでダウンロードするのは有料とするなど、完全無料で使える銀行は少ないです。

・融資を受けているので付き合い続けたい
・担当者が親切で頼りになる
・月額2000円くらいなら気にならない

こんな気持ちなら、メガバンクや地銀信金のオンラインバンキングに申し込んでみてはいかがですか?

経理担当者が残業して手入力しているなら、毎月2000円の投資で1~2時間の残業代が減らせれば、コスト削減になります。

ゆうちょダイレクトは無料で使える

ゆうちょ銀行のオンラインバンキング「ゆうちょダイレクト」。これは月額費用が一切かかりません。

ゆうちょ銀行の弱点は2つ。

・総合口座の上限が1300万円
・対応していない口座振替が多い

1300万円の上限があるので、メインバンクでは使いにくいです。でも、ゆうちょATMが全国にあったり、オンラインから月5回まで無料で振り込みできたり、サブで持っていると便利です。

従業員が5人以下なら給与の振り込み口座に使うのもコスト削減に使えます。

ネット系はATM手数料で決める

オンラインバンキングが無料で使えるのは、ネットバンクです。店舗を持たないので、当然と言えば当然かもしれません。

・ジャパンネット銀行
・住信SBIネット銀行
・楽天銀行

個人的に一番オススメするのはジャパンネット銀行。その理由はATM出入金手数料。

ジャパンネット銀行は3万円以上なら出入金手数料がかかりません。

楽天銀行はATMで使うキャッシュカードの発行手数料がかかり、お金を引き出すときには必ず200円ちょっとの手数料が発生します。

年に何回かしか引き出さないなら、楽天銀行でもいいかもしれませんが、ATM手数料って無駄なので、自分なら一切払いたくありません。

住信SBIネット銀行も出入金とも108円のATM手数料がかかります。ATM手数料の面でジャパンネット銀行が優れています。

経理を楽にできる法人預金口座、まとめ

預金通帳を見ながら手入力、これをデータの取り込みに変更する。これが経理を楽にする一番の近道です。

預金データの取り込みはオンラインバンキングが必須ですが、月額費用がネックとなります。

ゆうちょ銀行やネットバンクは月額費用がかからないので、コストを抑えたいときはこれらを活用するといいでしょう。