弥生会計の勘定科目「未払金」の上手な使い方について説明します。売掛金や買掛金と同じくらいたくさん使われる未払金。残高管理が大変なので、もっと上手に処理する方法はないかと考える人も多いです。そんな弥生会計ユーザーへ改善方法を提案します。

弥生会計で未払金の管理を楽にする工夫【補助科目or勘定科目】

・クレジットカード代金
・翌月払いの給与
・1ヶ月分まとめて振り込む消耗品費

弥生会計に関係なく、未払金には多くの取引が入力されます。

いろんな取引が入ると、残高の内訳が分かりにくくなります。弥生会計で未払金の管理には工夫が必要です。

定番は補助科目の設定

未払金を正確に管理するために、補助科目を設定するのが定番です。

弥生会計を入力する担当者が分かりやすいように自由に補助科目を設定します。そうすると、補助元帳や補助残高一覧表で、未払金の残高をしっかり管理できるようになります。

↓補助元帳(勘定科目「未払金」、補助科目「B社」)

↓補助残高一覧表

勘定科目を増やすのは少数派

もう一つ、弥生会計で未払金を管理するための工夫があります。それは勘定科目を増やす方法です。勘定科目を増やすと、残高試算表では次のように表示されます。

A社未払金・・・A社専用
B社未払金・・・B社専用
未払金・・・たまにしか出てこない相手

このように使い分けることで、「未払金」から分散させています。大口取引先への未払金が一目で分かります

その反面、残高試算表にたくさん科目が出てくるので、見にくいと感じるデメリットはあります。

弥生会計で未払金の管理、インポート使用なら「勘定科目」を増やす

弥生会計での未払金の管理は、幇助科目を登録する方法でも勘定科目を増やす方法でも、どっちでもいいです。でも、経理を楽にするインポート機能を使う方針なのであれば、勘定科目を増やす方法をオススメします

インポートは勘定科目のほうがやりやすい

弥生会計には、銀行預金口座やクレジットカードや電子マネーの履歴など、あらゆるデータをインポートすることができます。このインポート時に補助科目が少しネックです。

・インポート形式に補助科目も入力しないといけない
・「指定なし」に入ると数多くの手直しが必要

実際にインポートしてみないと、補助科目とインポートの相性の悪さが分かりにくいと思います。でも、勘定科目のほうがインポートが楽だという結論だけ知っておいてほしいです。

取り込みが売りのクラウド会計ソフトも勘定科目を増やす方式

クラウド会計ソフトで一番の知名度を誇るfreee。こちらも勘定科目を増やす方法を取っています。本来なら未払金となるクレジットカード代金も「アメリカンエキスプレス」と勘定科目を作って管理しています。

未払金の管理に便利な勘定科目

未払金の管理が楽になるように、弥生会計で増やしたい勘定科目を紹介します。あくまで一例です。

AMEX(クレジットカード)

AMEXカードで本を購入・・・新聞図書費/AMEX
カード代金の引き落とし・・・AMEX/普通預金

これをインポートで処理できるようにします。未払金からAMEXを独立させて管理するイメージです。

Suicaチャージ(電子マネー)

Suicaで乗車・・・旅費交通費/Suica
オートチャージ・・・Suica/Suicaチャージ
カード請求・・・Suicaチャージ/AMEX

オートチャージのときに「Suica/AMEX」とすればいいのでは?という疑問があると思います。これだと、Suica履歴のインポート、AMEXのインポートで仕訳が重複してしまいます。それを避けるためにSuicaチャージを作ります。未払金と同じ負債科目ですが、すぐに消える仮勘定の役割を果たします。

なお、電子マネー「nanaco」も「nanacoチャージ」という勘定科目を作って未払金から外す方法もあります。でも、弥生会計へのインポートと相性が悪いので、あまりオススメはしません。

弥生会計で未払金の管理を楽にする工夫、まとめ

弥生会計で未払金の管理をしやすくする工夫を説明しました。すべて手入力で弥生会計を処理するなら補助科目を使うのがいいです。インポート機能を使うなら、勘定科目を増やすほうがインポートがしやすいです。

ご質問やご相談はこちらのフォームからお願いします。
無料なので、気軽にお声がけくださいね。

>>コンセプト&コンタクトページはこちらです。