弥生会計では補助科目を設定して、残高を管理することが一般的です。補助科目を使うと、補助ごとの残高を管理できるので、補助科目設定をしないほうが、逆に経理が楽になることもあります。

弥生会計の補助科目を使うメリットとデメリット

弥生会計の補助科目を使うのは、メリットとデメリットがあります。弥生会計への入力作業が全て手入力なら補助科目を使うメリットが多いです。一方、インポート機能を使うときにデメリットが出てきます。

メリット

勘定科目と補助科目のそれぞれで残高管理ができるところがメリットです。

預金・・・銀行口座
売掛金・・・得意先
棚卸資産・・・種類別
借入金・・・借入先
売上高・・・得意先

決算時に勘定科目別の内訳書を作成するときに、補助科目別に残高を集計してあると便利です。

↓残高試算表

デメリット

弥生会計で補助科目を使うデメリットは2つあります。

「指定なし」のチェックと修正が面倒

例えば、勘定科目「普通預金」で得意先ごとに「補助科目」を設定していたとします。そうすると、弥生会計の補助残高一覧表では次のように集計されます。

↓でも、「指定なし」がミスなのか意図的なのか、クリックして開けてみないと分かりません。

↓開けてみた結果、「A社からの入金はSBI銀行への入金だった!」となれば、さらにクリックして仕訳を直します。

このように、補助科目の「指定なし」はチェックするのも修正するのも、なかなか手間の多い作業だと分かります。(これがあるから正確な数値を管理できるという意味もありますが)

インポート時の指定項目が増える

補助科目の最大のデメリットはこれだと思っています。弥生会計でCSVインポート機能を使うときに、補助科目があると、インポートが複雑になってしまいます。

1.識別フラグ
2.伝票
3.決算
4.取引日付
5.借方勘定科目
6.借方補助科目
7.借方部門
8.借方税区分
9.借方金額
10.借方税金額
11.貸方勘定科目
12.貸方補助科目
13.貸方部門
14.貸方税区分
15.貸方金額
16.貸方税金額
17.摘要
18.番号
19.期日
20.タイプ
21.生成元
22.仕訳メモ
23.付箋1
24.付箋2
25.調整

弥生会計へCSVファイルをインポートするには、上の25項目を指定します。もし、補助科目を指定し忘れると、「指定なし」の仕訳を手作業で修正しないといけません。かなり面倒です。

また、補助科目がある勘定科目、補助科目がない勘定科目が混在することで、インポートに失敗する可能性が高まります

freeeは補助科目でなく勘定科目を増やす方法

会計ソフトfreeeを使ってみると分かるのですが、データの取り込みをしやすくするために補助科目ではなく勘定科目を増やす方法を採用しています。

インポート中心で処理するなら弥生会計の補助科目を使わない!

このサイトのコンセプトは、会計ソフトへ手入力する手間を省くことです。弥生会計のCSVインポート機能を使いやすくするには、補助科目をやめたほうがいいです。

補助科目ではなく勘定科目を増やす

補助科目のデメリットのところでも説明しましたが、補助科目を使わなければ、インポートに必要な項目指定を減らすことができます。

1.識別フラグ
2.伝票
3.決算
4.取引日付
5.借方勘定科目
6.借方補助科目やめる!!
7.借方部門
8.借方税区分
9.借方金額
10.借方税金額
11.貸方勘定科目
12.貸方補助科目やめる!!
13.貸方部門
14.貸方税区分
15.貸方金額
16.貸方税金額
17.摘要
18.番号
19.期日
20.タイプ
21.生成元
22.仕訳メモ
23.付箋1
24.付箋2
25.調整

試算表は見づらい

勘定科目を増やすことのデメリットは、試算表に勘定科目がたくさん表示されて見辛い点です。でも、事務処理する時間やインポートミスが減るほうが、メリットが大きいと思いませんか?

決算書の数値はまとめればOK

勘定科目が多くなると、決算書にも勘定科目がたくさん表示されるんじゃないか?不安になる人もいます。でも、心配はいりません。

弥生会計の科目設定で、決算書上での表示科目を設定することができます。例えば、勘定科目「ゆうちょ」を作っても、決算書上は「現金及び預金」に表示されます。

預金もクレジットカードも電子マネーもインポートが可能

弥生会計のCSVインポート機能は、あらゆるものをインポートすることができます。オンラインサービスが発達している今、預金はもちろん、クレジットカードや電子マネーの履歴だって取り込むことができます。

上の記事には、特殊な勘定科目が出てきます。補助科目を使わずにあえて勘定科目を増やすことで、インポートしやすくしています。

【インポート用に増やす勘定科目例】
普通預金・・・「ゆうちょ(資産)」「JNB(資産)」
クレジットカード・・・「アメックス(負債)」
電子マネー・・・「Suica(資産)」「Suicaチャージ(負債)」

補助科目をやめてインポート機能を使い倒せば、経理に使っていた時間を削ることができます。ぜひチャレンジしてみてください。

弥生会計の補助科目を使わない方法、まとめ

弥生会計の補助科目は、残高管理に便利です。しかし、CSVデータなどのインポート機能を使い倒していく方針なら、補助科目は設定せずに、勘定科目を増やしていったほうが効率的な経理ができます。