JDL IBEX出納帳Majorは、老舗ソフト会社が無料でリリースしているのに、使い方について書かれていない印象です。JDL IBEX出納帳Majorのマニュアルや公式サイトには、基本的な使い方が書いてありますので、このサイトでは経理を楽にするための便利な使い方を紹介します。でも、もっと重要なのは支払方法だったりします。

JDL IBEX出納帳Majorの使い方。便利な機能

JDL IBEX出納帳Majorに限らず、会計ソフトに働いてもらうことが経理を楽にするポイントです。JDL IBEX出納帳Majorにも、手作業を最大限省ける機能が備わっています。使い方は難しくありません。使っているうちに使い方は自然に覚えていくイメージです。まずはどんどん使い倒しましょう。

預金はCSVファイルをインポートする

JDL IBEX出納帳Majorには、預金出納帳でCSVファイルをインポートする機能があります。これは最初に使い方を覚えてほしい機能です。

オンラインバンキングからダウンロードしたCSVファイルを取り込んで、仕訳を自動で作ってくれます。自分で一つ一つ入力する必要がありません。過去の取り込み実績から勘定科目も推定してくれる点もいい機能だと思います。

預金以外でも応用すればCSVインポート可能

JDL IBEX出納帳Majorの公式サイトだと、預金出納帳だけはCSVインポートができますが、それ以外の帳簿ではCSVインポートすることはできません。

しかし、少し設定をいじって、Suicaの電子マネーで試したところ、インポートできました。使いようによっては預金以外もインポートできます。

現金支払いの取引はレシート読み込み機能がある

JDL IBEX出納帳Majorは、スキャナーやスマホでスキャンしたレシートや領収書をデータで表示しながら仕訳入力することも可能です。


↑JDL IBEX出納帳Major公式サイト(http://www.jdlibex.net/ab-major/product/e-receipt.html)より

ただ、レシートや領収書は1枚1枚スキャンする必要がありますし、専用のスキャナーを用意する費用面のデメリットもあります。

使い方が覚えても経理が楽になるかというと、そうでもないでしょう。

できるだけ現金払いを減らして預金取引にデータを集めていくほうが大事だと思います。

JDL IBEX出納帳Majorの使い方。支払方法が大事


↑ペイジーも積極的に使うべき

JDL IBEX出納帳Majorの使い方を学ぶより、実は支払方法のほうが大事です。

現金払いのレシートや領収書が大量にあれば、結局は一つ一つ入力していくしかありません。

いかに現金払いを減らすか、この意識を持っていれば、自然と経理は楽になっていきます。

定期的な支払い

光熱費や通信費などの定期的な支払いは口座振替にしましょう。

JDL IBEX出納帳Majorでは預金出納帳でのCSV取り込みのみが原則なので口座振替がベストです。

口座振替できる経費があれば、面倒ですが切り替えるといいです。

その他の支払い

定期的な支払い以外は、口座振替を選択できません。現金、クレジットカード、電子マネー、振込、ペイジーなど、いろいろ考えられますが、優先順位の目安は次のとおりです。

高・・・ペイジー、振込
中・・・クレジットカード
低・・・電子マネー
最後・・・現金

ペイジーや振込は、預金口座に相手先や金額がしっかり残るので、優先的に使っていきたい支払方法です。クレジットカードも明細に記録されるのですが、JDL IBEX出納帳Majorで少し特殊な設定をしないといけないので優先順位は下がります。

電子マネーの場合、日付と金額しか明細に記録が出ません。支払相手は電子マネーで払ったときのレシートや領収書を見ながら手入力しないといけないので、手間を減らせません。

↓電子マネーSuicaの明細のサンプルがあります。「物販」には相手先が記載されないところを見てほしいです。

最後の支払手段が現金、このような意識を持てば、現金払いはどんどん減ります。その結果、JDL IBEX出納帳Majorへ手入力する仕訳が少なくなります。これが一番いい使い方でしょう。

JDL IBEX出納帳Majorの使い方、まとめ

JDL IBEX出納帳Majorの使い方、一番重要なのは預金CSVの取り込み機能を覚えることです。もっと効率的な使い方を目指すなら、現金払いを減らして、口座振替などを使って情報を集めていくことが大事です。