ibex出納帳majorはJDL社の無料会計ソフトです。無料ではあるものの、レシート読み込みや預金CSVインポート機能が付いています。無料だから興味があるけど、jdl ibex出納帳majorのデメリットがどんなところか気になる人もいるようです。そこで、実際に使ってみて感じたデメリットを書いていきます。

デメリット1.直接連携じゃない【jdl ibex出納帳major】

jdl ibex出納帳majorの預金出納帳では、オンラインバンキングからダウンロードした預金口座CSVファイルを取り込むことができます。取引の相手や内容を記憶し、次に同じような取引が出てきたら勘定科目を推定してくれます。ここまではメリットです。

しかし、預金口座データを取り込むには毎回手作業が必要です。freeeのようなクラウド会計ソフトのように、オンラインバンキングから自動でデータを引っ張ってくれる機能はありません。


↑freeeのヘルプより引用

freee・・・オンラインバンキングと連携させれば自分でダウンロードする必要ナシ
ibex出納帳major・・・取り込みの都度、オンラインバンキングからダウンロード

月1回以下しか会計ソフトに取り込まないのであれば、オンラインバンキングからのダウンロードの手間は気にならないかもしれません。

デメリット2.預金しかCSVインポート【jdl ibex出納帳major】

jdl ibex出納帳majorの2つ目のデメリット、これもCSVインポート関連です。freeeもMFクラウドも弥生会計オンラインも、電子マネーやクレジットカードも請求書もインポートが可能です。しかし、jdl ibex出納帳majorへのインポート預金出納帳のみとなっています。他のオンラインサービスとの連携を使い倒したいのであれば、jdl ibex出納帳majorでは物足りないでしょう。

ただ、jdl ibex出納帳majorでも、預金出納帳を加工して電子マネーのCSV履歴をインポートする実験をしたところ、無事に取り込むことができました。

・エクセル請求書データをCSVで取り込みたい
・エクセル給与明細をCSVで取り込みたい

これは工夫しても取り込めません。いろんな種類のエクセルファイルを取り込みたいときには、jdl ibex出納帳majorでは不自由に感じるでしょう。

デメリット3.動作が重いときがある【jdl ibex出納帳major】

これはパソコン環境にも影響されるかと思いますが、jdl ibex出納帳majorでは一部画面で動作が重く感じられるところがありました。具体的には、CSVデータをインポートしてから勘定科目や税区分を修正する画面です。

おそらく、勘定科目や税区分を推定するために過去の仕訳データなどからデータを引っ張っていて重くなっているものと思います。比較的新しいパソコンで重くなったので、古いパソコンや空きメモリが少ないパソコンを使っていると、もっと重く感じるかもしれません。

ただ、この画面以外では重いと感じたことはありません。デメリットだったとしても小さいデメリットだと思います。

デメリット4.データ出力がJDL形式のみ【jdl ibex出納帳major】

無料なので当然かもしれませんが、jdl ibex出納帳majorへ入力したデータは、JDL形式でしか出すことができません。もし、自分で決算書を作れるならいいのですが、税理士を使うとなるとJDL製品を入れている税理士相手でないとデータのやりとりがうまくできません

もし、すでに付き合っている税理士がいて、jdl ibex出納帳majorを検討しているなら、先に打ち合わせしたほうがいいですね。

jdl ibex出納帳majorのデメリット、まとめ

jdl ibex出納帳majorのデメリットを4つの紹介しました。デメリットといっても感じ方は個々で変わってきます。個人的には、jdl ibex出納帳majorの機能と無料の2つを考えたら、デメリットはゼロに等しいと思っています。