売上から源泉徴収されて入金されたとき、freeeでどう処理するか疑問に感じる人が多いです。源泉徴収がなければ、売掛金や売上高で処理して終わりですが、源泉徴収されると会計処理も複雑になります。freeeの公式ヘルプとは別のやり方を紹介します。

源泉徴収がある売上【freeeに関係なく】

まず、源泉徴収される売上とはどんなものがあるか確認しておきます。

・原稿料
・講演料
・出演料
・デザイン料
・弁護士報酬
・税理士報酬

源泉徴収が必要な業務に該当すると、お金を払う依頼者が源泉徴収して、税務署に税金を前払いしておくこととなります。(だいたい10%)

確定申告では、この源泉徴収との差額について、納税したり還付を受けます。

売上から源泉徴収されているときのfreeeでの処理。マニュアル通りだと面倒

freeeで通帳データを引っ張って、上の画面が出たとします。例えば、3月31日に18万円支払われたとします。売上が20万円、2万円が源泉徴収されています。

このまま18万円を売上高として登録すると、修正が必要になります。

これをfreeeで直していくには、骨の折れる作業が待っています。「源泉徴収の対象となる収入取引を登録する」というヘルプがfreee公式サイトに書かれています。
freee公式「源泉徴収の対象となる収入取引を登録する」

↓長い説明文(小さくて読めませんが、長いことが分かれば十分です)

マニュアル通りに進めれば2万円の源泉徴収税額を修正することができます。しかし、一つの取引を登録するだけなのにかなり面倒だと感じた人も多いのではないでしょうか?

freeeで源泉徴収アリの売上を処理するなら、エクセルインポートが楽

freeeのマニュアル通りに、源泉徴収アリを直していくのは面倒です。そこで、エクセルファイルをインポートする方法で源泉徴収アリの売上を処理していく方法を検討してみてはいかがでしょうか?

預金口座の取り込みは「預金/売掛金」

銀行預金の履歴をfreeeに取り込む際、入金されたときの処理は「預金/売掛金」とします。とりあえず源泉徴収は無視して預金データを取り込んでしまいましょう。

エクセル請求書【おすすめ】

源泉徴収の情報はエクセルで集計してインポートしてしまうのはいかがでしょうか?源泉徴収2万円がどこかに記載されているなら、そのデータを加工してしまいます。

エクセルで請求書を発行している、データをそのままfreeeに取り込んでしまいましょう。

例えば、次のようなエクセルで請求書を発行しているとします。

入力用シートに売上や源泉徴収のデータを集めておくと便利です。

ここからは、入力シートの数値をfreeeで取り込む形式に連動させる準備をします。

源泉徴収される前の金額で「売掛金/売上」の仕訳を作るシートは次のとおりです。入力用シートの数値を「=」でつないでデータを引っ張っています。

もう一つ、「仮払金/売掛金」という源泉徴収の仕訳を作るシートも準備します。

ここから、実際にfreeeで取り込んでみます。右上のエクセルインポートを選択します。

エクセルファイルを選ぶと読み込みが始まります。

エクセルの列ごとに、何のデータなのかを選んでいきます。日付、借方勘定科目、貸方勘定科目、借方金額、貸方金額、この5つが必須項目です。

仮に勘定科目が間違っていても、似たような科目を選んでくれます。優秀ですね。

最後に確認してみると、4つの仕訳ともインポートに成功しました。売上の消費税額が入っていないので、エクセルテンプレートは改善の余地がありますね。

弥生会計のインポートとは、指定項目と順番でfreeeとは大きな違いがあります。どちらも慣れれば簡単ですが、freeeのほうがエラーが出る確率は少ないでしょう。

Misocaで請求書を作っている場合

無料で請求書が作れるMisoca。請求書作成ソフトを入れる必要がないので、使っている人も多いことでしょう。

Misocaで作成した請求書データを会計ソフトに取り込むことができるのですが、「売掛金/売上」という仕訳なので、入金時の源泉徴収2万円は自動で処理できません。自分で入力するか、エクセルなどで取り込むしかありません。

クラウドソーシングの明細

クラウドワークスやランサーズといったサイトで仕事を受けると、依頼者が源泉徴収することがあります。そんなときは、明細がダウンロードできるので、加工してfreeeに取り込むとよいでしょう。

源泉徴収があるときのfreeeでの売上、まとめ

源泉徴収があると、会計処理が面倒になります。freeeの未決済取引で直す方法もありますが、結構な手間です。請求書などのデータを引っ張って、エクセルで取り込んでしまったほうが楽でしょう。

freeeでは「現金がマイナスなって困っている!!!」という人も多いです。もし該当する場合は、こちらを参考にしてください。