会計ソフトでシェアナンバーワンの弥生会計。一方、手数料の安さで個人事業主や法人にも人気があるジャパンネット銀行。両方使っている人向けに、弥生会計にジャパンネット銀行のCSVデータを取り込む方法をお伝えします。取り込みができれば、弥生会計の入力時間を大幅に削減できます。スマート取り込み機能は使わない前提です。

弥生会計にジャパンネット銀行のCSVデータを取り込む方法【基本】

弥生会計にジャパンネット銀行のCSVデータを取り込む方法を初めてチャレンジする方向けに紹介します。慣れないと、CSVファイルがうまく取り込めずにエラーが出たりしますので、しっかりと流れを確認しておきましょう。

ジャパンネット銀行でCSVデータをダウンロードする

まずはジャパンネット銀行の公式サイトからログインして、CSVファイルをダウンロードしましょう。

1.ログイン画面から口座番号やパスワードなどを入力します。

「メニューを選択(任意)」というところで、「普通預金取引照会」を選択してログインします。

2.取引期間を選択してCSVファイルをダウンロードします。PDFでは取り込めないので必ずCSVを選択してください。

CSVファイルを加工する

単に、ダウンロードしただけでは弥生会計に取り込むことができません。弥生会計に合わせて加工してあげる必要があります。基本編では、勘定科目を細かく設定せず、日付と金額と摘要が取り込めればヨシとします。

1.ジャパンネットCSVへの記載内容

ジャパンネット銀行からダウンロードしたCSVファイルをエクセルで開くと上の画像のようになっています。具体的には、次の11項目が記載されています。

【記載項目】
・操作日(年)
・操作日(月)
・操作日(日)
・操作時刻(時)
・操作時刻(分)
・操作時刻(秒)
・取引順番号
・摘要
・お支払金額
・お預り金額
・残高

このままでは弥生会計に取り込めないので、エクセルを加工する必要があります。弥生会計のインポートには、次の項目を網羅したエクセルシートを作っていきます。

1.識別フラグ
2.伝票
3.決算
4.取引日付
5.借方勘定科目
6.借方補助科目
7.借方部門
8.借方税区分
9.借方金額
10.借方税金額
11.貸方勘定科目
12.貸方補助科目
13.貸方部門
14.貸方税区分
15.貸方金額
16.貸方税金額
17.摘要
18.番号
19.期日
20.タイプ
21.生成元
22.仕訳メモ
23.付箋1
24.付箋2
25.調整

2.エクセルを加工する

エクセルの加工は一回やっておけば、次にジャパンネット銀行CSVを取り込むときには単にコピペすればいいだけとなります。テンプレートを作るつもりで一回だけがんばってやりましょう。

まず、一番簡単なところからです。

「17.摘要」・・・CSVの摘要から引っ張る

「=」でつないでおけばOKです。簡単です。

もし、スマホやパソコンで備忘録としてメモ入力をしているときは、残高の次の「メモ」も摘要に引っ張るといいでしょう。

次の画像だったら、次のように関数を設定します。

=H2&”/”&L2

これで、摘要欄は「PE ホウムショウ/ABC様登記簿」と表示されます。

メモがない場合にもスラッシュが入るのが気持ち悪いですが、意味が通じれば税務署的にはOKなので、気にしなくていいと思います。

次から、少し関数を使っていきます。

「4.日付」・・・DATE関数でまとめる

ジャパンネット銀行のCSVファイルだと、日付が年と月と日に分かれているので、これをDATE関数でまとめます。

DATE(A2,B2,C2)

操作した年と月と日がバラバラなので、関数でつないであげます。親切に何時何分何秒までCSVファイルには記録がありますが、これは使いません。

「5.借方勘定科目」「11.貸方勘定科目」・・・IF関数で引っ張る

勘定科目は「普通預金」か「その他いろいろの科目」のどちらかです。「その他いろいろの科目」をうまく設定する方法はありますが、今回は未確定勘定としておきます。

【借方と貸方のどっちに普通預金が入る?】
お支払金額に記載なし→預金が減少→貸方科目が普通預金
お支払金額に記載あり→預金が増加→借方科目は普通預金

このルールをエクセルの算式に表現します。

IF(I2=””,”普通預金”,”未確定勘定”)

もし、I2がブランクだったら「普通預金」、そうでなかったら「未確定勘定」という算式です。

同じ要領で、 貸方勘定科目も指定します。IF関数は敷居が高いように感じるかもしれませんが、一度うまく設定できたら、忘れても問題ありません。難しいと感じたら、詳しい人に一度算式を組んでもらったほうがいいと思います。

なお、今回は「未確定勘定」としていますが、「水道光熱費」「売上高」といった勘定科目をエクセルで自動設定させることもできます。詳しくは下記の記事をご覧ください。

「8.借方税区分」「14.貸方税区分」・・・「対象外」にしておく。
少し難しいので「対象外」で取り込みしてしまいましょう。もちろん、これもエクセルで引っ張る方法がありますが。

ここまで設定が終わったら、1行目などの余分な部分を取り除いてCSVファイルとして保管しましょう。

弥生会計に取り込む

弥生会計のデータを開き、加工したCSVファイルを取り込みます。仕訳日記帳→ファイル→インポート、これで先ほどのファイルを取り込めばOKです。

あとは、未確定勘定となっている勘定科目や税区分を手動で振り分けていきますが、入力が面倒な「日付」と「金額」と「摘要」が正しく取り込めていれば、全取引を会計ソフトに手入力するよりはマシです。

この記事で紹介した取り込み方法が簡単にできたなら、勘定科目や税区分も自動で選んでもらえるエクセル関数にチャレンジしてみてください。

弥生会計にジャパンネット銀行のCSVデータを取り込む基本的な方法、まとめ

今まで弥生会計にジャパンネット銀行のCSVファイルを取り込みする方法を紹介しました。しっかり取り込めれば、あとはコピペを繰り返すだけなので、通帳を見ながら金額や摘要を打ち込む必要がなくなります。

ご質問やご相談はこちらのフォームからお願いします。
無料なので、気軽にお声がけくださいね。

>>コンセプト&コンタクトページはこちらです。