弥生会計にはクレジットカード明細の取り込みが可能です。手作業で入力するよりは取り込みしたほうが正確ですし、何より楽です。ここでは工夫を2つ紹介します。エクセル関数があまり分からない人向け、関数を使ってもっと楽をしたい人向け、2パターンの工夫があるので、好きなほうを選ぶことができます。

工夫1.借方勘定科目は全部「未確定勘定」、あとで手動で直す【クレジットカードを弥生会計に取り込み】

クレジットカードの「日付」「金額」「摘要(取引内容)」さえ弥生会計に取り込みできればよい、こんな考えの場合に有効です。勘定科目は「未確定勘定」として取り込み、後で弥生会計で手動で直していく方法です。関数が分からなくても大丈夫です。

まずは、クレジットカード取り込み用の弥生インポート形式のエクセルシートを準備しましょう。
(弥生インポート形式が分からないときは、こちらの記事を先にご覧ください)

【弥生インポート形式】
1.識別・・・2000
5.借方勘定科目・・・未確定勘定
8.借方税区分・・・課税仕入込8%
11.貸方勘定科目・・・未払金、カード用の勘定科目(アメックス)
14.貸方税区分・・・対象外
20.タイプ・・・空欄
25.調整・・・no

次に、クレジットカード会社のCSVファイルから弥生インポート形式に貼り付けします。
「4.日付」「9.借方金額」「15.貸方金額」「17.摘要」

↓カード会社のCSVファイル(サンプルはアメックス)

↓弥生インポート形式のエクセルシート

エクセルの関数を一切使わずに弥生会計への取り込みに必要な情報を集めることできました。関数が分からなくても真似できるところが最大のメリットです。

このファイルをCSVで保管し、弥生会計への取り込みます。取り込みした後に、「未確定勘定」から「通信費」「消耗品費」など手動で振り分けていきます。

この方法は、日付、金額、摘要の入力がない点は楽。でも、クレジットカードの取引量が多いと勘定科目を選ぶのが面倒、というメリットデメリットがあります。

関数を使わない手軽さゆえ、手作業の部分が残ります。

工夫2.借方勘定科目も関数で設定する【クレジットカードを弥生会計に取り込み】


↑未確定勘定は最低限だけ

もっと手間を減らす工夫がこちらです。クレジットカードからの支払いは、アマゾンや東京電力など毎月同じ内容のケースも多いです。その場合、エクセルシートを工夫しておくと勘定科目の指定を自動化できます。弥生会計への取り込み後に修正ゼロも可能です。

クレジットカード会社のCSVは先ほどと同じものを使います。

「アマゾン」「電気」「水道」などは、毎月出てくる勘定科目なので、手入力は面倒です。これを自動で設定させる方法を紹介します。

まずは、弥生インポート形式の準備をします。

【弥生インポート形式(さっきとほぼ同じ)】
1.識別・・・2000
5.借方勘定科目・・・未確定勘定あとで設定する
8.借方税区分・・・課税仕入込8%
11.貸方勘定科目・・・未払金、カード用の勘定科目(アメックス)
14.貸方税区分・・・対象外
20.タイプ・・・空欄
25.調整・・・no

水色部分に自動的に勘定科目が入るように、別シートを使って設定します。

コピペで「摘要」が埋まっているのですが、これをTRIM関数で加工します。

見た目はいっしょなのですが、見えないスペースを消してあげているのです。

カインズホーム〇〇〇〇

カインズホーム

これをやらないと、VLOOKUP関数がうまく機能しません。エラーが山ほど出ます。

次に、摘要と勘定科目のセットを作ります。

なお、東京電力が複数あるのは「〜月分」が毎月変わっても勘定科目の自動設定ができるようにしているからです。

次に、VLOOKUP関数を使って、摘要から勘定科目を呼び出す設定をします。

左の摘要欄の記載内容

真ん中左と一致しているものを探す

真ん中右の勘定科目を呼び出す

この方法で勘定科目を設定できるのですが、真ん中に入力不足があったりすると、エラーが出てしまいます。(下のオレンジ)

真ん中に入力していないものは全部「未確定勘定」に設定しておけば、エラーを回避できます。IF関数とISERROR関数を組み合わせて使うので、だいぶややこしいです。

これができれば、最低限の「未確定勘定」を自分で修正すればいいので、かなり簡単になります。未確定勘定がなく、取り込んで終わりという月もあるでしょう。

クレジットカード明細を弥生会計への取り込み、応用的な工夫まとめ

クレジットカード明細を弥生会計に取り込みするときには、工夫次第では、摘要から勘定科目を自動で設定することも可能です。エクセルをどこまで加工するかで変わってきます。どのスタイルがいいかは人によって変わってくるので、どちらでもいいと思いますよ。

ご質問やご相談はこちらのフォームからお願いします。
無料なので、気軽にお声がけくださいね。

>>コンセプト&コンタクトページはこちらです。