会計ソフトを新たに導入しようとするときに、何を基準に選んだらいいでしょうか?値段、顧問税理士との連携など、いろいろ考慮すべき点がありますが、経理を楽にしたいなら「取り込み」を基準とすべきです。取り込みとは、銀行の預金データから自動で仕訳を作成してくれるというもの。取り込みできるのに、わざわざ手入力したくないですよね?

「取り込み」には2種類ある【会計ソフト比較の前に】

「取り込み」には2種類あります。一つは、会計ソフトとオンラインバンキングなどを直接つなげてデータを吸い上げる「直接取り込み」。もう一つは、オンラインバンキングなどからデータをダウンロードして一部加工して手動で取り込む「間接取り込み」。どちらもメリットデメリットがあります。比較してみましょう。

freeeやマネーフォワードは直接取り込み

最近、freeeやマネーフォワードといったクラウド会計ソフトのCMをよく見かけます。これらは、直接取り込み方式です。

メリット

一番大きなメリットは、自動で繰り返しデータを引っ張ってきてくれる点です。

例えば、オンラインバンキングのデータを吸い上げるときに、一度オンラインバンキングのIDやパスワードを入力すれば、自動でデータを吸い上げてくれます。

↓freeeの画面1

↓freeeの画面2

最低でも日付や金額は正しく取り込んでくれます。全てを手入力する必要がありません。

デメリット

デメリットとしては、継続利用なのでずっと料金がかかる点です。freeeもマネーフォワードも年間1万円以上の利用料がずっとかかります。

間接取り込み

弥生会計などのCSVファイルの取り込みに対応している会計ソフトを使って、自分の手作業を加えてデータを取り込む方式が間接取り込みです。弥生会計は有料ですが、JDLのIBEX出納帳Majorは無料で使えます。


メリット

一番のメリットは、オンラインでIDやパスワードを入力しなくていい点です。不正ログインなどの被害が増えているため、できるだけ重要な情報は他に出したくないという人も多いです。

デメリット

一番のデメリットは、自動で仕訳を取り込み続けてくれるわけではない点です。明細ダウンロード、会計ソフトでの取り込み、これは手作業が残ります。毎日のように経理業務をやる場合、この部分が煩わしいです。しかし、数ヶ月に1回、年に1回といったペースなら、手動だったとしても手間は少ないです。

「取り込み」可能な会計ソフト、目的別オススメ

会計ソフトの「取り込み」が分かったところで、目的別オススメ会計ソフトを紹介していきます。目的別とは、会社の目指すべき方向性です。

ひとりビジネスをずっと続けていく。経理はやらずに済ませたい

とにかく経理に手間をかけたくない、これならば会計ソフトを導入しないほうがいいです。エクセルやクレジットカードやオンラインバンキングのデータを税理士事務所に提出するだけ、これが一番手間が少ないです。ひとり経営なら営業活動の妨げになる経理業務は排除すべきでしょう。

自分で経理もできるようにしたい。けど時間は短いほうがいい

経理も自分で管理しておきたいけど、時間はかけたくない場合は、freeeやマネーフォワードがいいでしょう。できれば、最初の1ヶ月くらいは操作を教わって、2ヶ月目からは出来るだけ自動連携で進められる手続きをすべきです。

最初の設定がうまくいかないと、せっかくソフトを入れたのに手作業で修正をたくさんしないといけなくなります。

会計ソフトを買うなら取り込みが必須機能、まとめ

これから会計ソフトを導入するなら、データ取り込み機能を使いこなしてほしいです。最近の会計ソフトはものすごく進歩しているので、使い方次第で経理の時間を大幅に削減することができます。